東京湾の汚染の7割が家庭からの排水

とろける口どけ極上きわみプリン

東京湾の汚染の70%以上が家庭からの排水が原因だと言われています。そしてそのうちの約半分が炊事によるものだそうです。「うち一軒が変えたって」「ちょっと洗い物するくらい」と思いがちですが、実はかなり大きな 意味があるのです。
最近注目されている環境洗剤として、タンカーなどから海に漏れたオイルを生分解するために使われる洗剤があります。今までは価格の問題もあり、なかなか家庭用には商品化されませんでしたが、ここ最近良く見かけるようになりました。
家庭での油など比較にならないほどしつこいタンカーオイルを分解する能力を持った洗剤でありながら、海へと続いている各家庭のキッチンで使われることで、環境への影響を極力 小さく抑えられるというのは魅力です。

ドイツ生まれの環境洗剤フロッシュ

酸性雨、重度の水質汚染を乗り越え、環境大国として世界が認める国となったドイツで生まれた「環境配慮洗剤 FLOSCH(フロッシュ)」。1986年にデビューして以来、多くの環境賞を受賞し、またたくまにヨーロッパ中、そして世界中に広がっていきました。
フロッシュはドイツの家庭の30%以上が愛用しているという人気の家庭用洗剤です。緑のカエルマークの「フロッシュ」は、排水後 19日間で界面活性剤の98%が生分解されます。
2001年5月には日本にも上陸しました。そして、あっという間に日本中のショップで目にするようになり、今では熱狂的なファンもいるほどです。キレイな我が家を実現するために、「楽しく効率的な家事を!」、がフロッシュ・ラバーの合言葉です。

地球のために身近なところからエコを始めましょう

1人が1日に使う水の量は約250リットルと言われています。そのうち、キッチン・お風呂・洗濯などから出る「生活排水」による汚れが約7割も。
もしもこの生活排水が自然に還るお水に変わるとしたら…? 自分の未来のために、地球のために、身近なところから「エコ」始めませんか?
ドイツ生まれのフロッシュは排水後19日間で排水の98%が自然に還ります。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

ドイツの人々からもっとも信頼される環境にやさしい洗剤

環境問題に厳しい国・ドイツ。ゴミの分別等は国家でもかなり以前から取り組んでいます。もちろん使用する洗剤にもとっても厳しい姿勢です。
そんなドイツの主婦たちが選んだ洗剤がフロッシュ。洗剤そのものも、容器も環境に有害な成分を一切使用していません。ドイツの家庭の30%以上が何らかのフロッシュ洗剤を使っているそうです。